皮脂がいっぱい出ているのに乾燥肌

友人の結婚式で撮った写真を見たとき、自分の顔だけ異様にテカっているのを客観的に見てしまって、私の肌は見た目にもこんなに変化がでているのか!と愕然としました。

見た目にも本当にオイリーなので絶対に乾燥肌ではないと思っていたのですが、スパに行ったときに肌質チェックをしてもらったら、なんと乾燥肌だという診断をされてしましました。

お肌の水分量が少ない乾燥肌だから、補うために過剰な脂が分泌されてしまっているとのことでした。

朝に洗顔してから2時間程経つと、鼻やTゾーンだけじゃなく顔全体がオイリーになってきます。

化粧が本当にすぐに浮いてきてしまって、化粧直しをしようとしても、脂が多すぎてファンデーションが上手く乗りません。

化粧をしていない時でも、顔を触っただけで手にぎっとりと脂が付いてしまう程です。

脂分が増えることで顔がくすんで見えてしまうので、洗顔後には肌がワントーン明るくなる程です。

見た目は陶器のようにツルっとしているけど、決してオイリーな訳ではないお肌を手に入れたいと思っていました。

乾燥肌を改善するには皮脂を落とし過ぎないことが大事

今までで一番効果があったのは、洗顔をするときに洗顔料を控えめにすることです。

洗顔料を使うのは一日一回、お風呂の時だけです。

一日分の酸化した脂をここでしかっり落としますが、泡が顔に触れている時間は15秒程度!必要な脂まで落とさないように気を付けます。

ごしごし擦らず、たっぷりの泡で包み込むようにして洗います。

化粧をしている日は、ダブル洗顔不要のオイルカットのクレンジングを使用し、こちらも15秒程度で洗ってしまいます。

(すぐに洗い落とせるように、お湯でオフできる化粧品を使うようにしています。

)洗い流すお湯の温度は体温ぐらいの熱さにします。

洗顔のタイミングはお風呂の一番最後にし、化粧水をつけるまでの時間をなるべく短くするようにしています。

そして朝は洗顔料は使わず、体温ぐらいのお湯で、寝ている間に分泌された余分な脂を落とすイメージで洗顔します。

もちろん、洗顔の後はしっかりと保湿します。

対策後、5日ほどで乾燥肌の改善効果を実感

まずは頬から効果が表れてきました。

実施後、5日程で少し脂が減ってきたことを実感し、同時に毛穴が目立たなくなってきたと感じました。

2週間経った頃には夕方のお化粧の崩れにくさを実感しました。

まだまだ理想のお肌には遠く洗顔料控えめの洗顔を継続中ですが、どんどんお肌の調子が良くなり、脂が減ってきています。

顔の色が少し明るくなってきたので、近くのスーパーぐらいならスッピンで行けるようになりました。

お化粧しないことはもちろん肌にとってはプラスなので、良いサイクルができていると思います。

お化粧はしっかり落とした方がいいと思いついつい顔を洗いすぎていましたが、よく考えたら手も石鹸や洗剤で洗いすぎるとすぐにカサカサに乾燥するのに、手よりもデリケートな顔なんてもっと洗い方に注意すべきだったと今になっては実感しています。


最初のページ乾燥肌を治すための方法は?保湿しているだけじゃ治らない

上へ