オイルクレンジングが乾燥のもとだった?

若い頃はメイク落としはとにかく汚れが落ちやすいことを重視していたので、絶対オイル派でした。

ウォータープルーフのマスカラもしっかり落ちるし、小鼻の角栓もポロポロ取れるし、もう何年も使い続けました。

もちろんクレンジングの後はさっぱり系の洗顔フォームでしっかり洗顔していました。

しかし、ある日メイクをしながら鏡を見ていると、鼻の皮がむけていることに気づきました。

年齢としてはちょうど30歳を過ぎた頃です。

角栓だと思って毎日クレンジングオイルで一生懸命とろうとしていたのは、実はむけてきた皮だったのです。

改めて自分の肌を鏡で見ると、頬や口のまわりも乾燥ぎみで、とても潤いのある肌とはいえない状態でした。

10代の頃と同じスキンケアでは、30代の肌には通用しなかったのでしょう。

すぐにオイルクレンジングを中止しました。

ダブル洗顔不要のジェルクレンジングに見直し

まずオイルクレンジングからジェルクレンジングに変えました。

もともとマスカラ以外は薄化粧なので、オイルクレンジングほどの洗浄力は必要ないと判断し、こすらずやさしく馴染ませるように洗うよう心がけました。

マスカラだけは予めメイク落としシートで落とします。

洗顔フォームは無添加でマイルドなものに変えました。

ただし、肌の乾燥には洗いすぎは良くないと聞いたので、夜はダブルクレンジング不要のタイプで洗うだけにしました。

あとは保湿です。

今まで以上に時間をかけ、化粧水は肌にしみ込むだけしみ込ませました。

目安の量など無視し、とにかくぎゅうぎゅうに押し込みます。

肌は必要な分の水分は取り込み、不必要な分は受けいれないそうなので、しみ込まなくなるまでひたすら保湿です。

ただ、洗顔やクレンジングで洗いすぎないようにした努力を無駄にしないためにも、保湿でもオールインワンジェルを使って摩擦をしないように心掛けました。

 関連記事:産後の乾燥肌のスキンケアにはオールインワンジェルがおすすめ!

年齢と共にクレンジングなどの基礎化粧品も変えることが大事

スキンケアの仕方を変えたことで、まず乾燥によるツッパリ感がなくなりました。

以前は笑うと頬が引きつる感じがあったり、口角が裂けてしまうこともあったのですが、今は全くありません。

肌がほぐれて柔らかくなった感じです。

次に改善されたのは、にきびや吹き出物が出来にくくなったことです。

オイルクレンジングを使っていたときは、きっと皮脂を取りすぎていて、逆に皮脂分泌が過剰になっってしまっていたのでしょう。

もちろん今でもTゾーンはテカったりしますが、明らかに質は変わっています。

ただ脂っぽいというよりは、水分と脂分のバランスが整ってきているような質感です。

やはり年齢と自分の肌質に合ったスキンケアって大切なんです。


最初のページ乾燥肌を治すための方法は?保湿しているだけじゃ治らない

上へ