産後はスキンケアをする時間もない

若い頃はどちらかと言うとオイリー肌だったのですが、出産をきっかけに乾燥肌が気になるようになりました。

酷い時はカサカサというよりガサガサで、化粧下地ですらうまく伸びないこともありました。

出産が秋だったので季節的ば理由で乾燥肌だと感じているのかなあと思っていましたが、夏になっても改善することはありませんでした。

産後は子供と一緒にお風呂に入るために今までのようにゆっくりケアをする時間もないことも原因の1つだと思います。

昔だったら信じられないことですが、子どもの身体を拭いたり保湿クリームを塗ったりしているうちに自分のケアを忘れて、しばらくしてから顔のひどいツッパリ具合に気づいて化粧水を塗るなんてこともよくありました。

産後は一年中肌が乾燥したまま

産後、初めての夏になって今までと違ったのは化粧崩れなどで困ることが無くなってきました。

おそらく皮脂の分泌が少なくなって、肌が乾燥してきたことが原因だと思います。

そのため、化粧は崩れなくていいですがなんとなく肌がくすんでいて、以前ほど若々しさがなくなってしまったように感じていました。

出産をすると少なからず体に変化があるとは聞いていたのですが、一時的なものと思っていたのに、いつまでたっても乾燥肌が治らないことに不安を感じていました。

どんなにしっかりと保湿をしていても、化粧水が肌に入っていかないようになってしまったのです。

さすがにこのままではまずいと思って、少しでもできることから始めようと思い、まずは入浴後にとにかく保湿ケアだけはすぐに実行しようと思いました。

しかし、子どもがいるため、あれもこれも使う時間はないのでオールインワンジェルを使おうと思いました。

そんな時に私と同じように化粧水が入っていかないことに悩んでいる方のサイトを見つけて、それを参考にセラミド入りのオールインワンジェルを使うようにしたのです。

乾燥肌対策の参考化粧水が浸透しないのはなぜ?原因を知って正しい対策をしよう

とにかく素早くケアができることが最優先だったので、1本で化粧水と乳液、さらには美容液やクリームの効果まであるものを選びました。

また、乾燥した肌は刺激に弱くなっているため、スキンケアなどでこすり過ぎると悪化することもあるという話を雑誌で読んだことがあったので、オールインワンがベストだと思いました。

オールインワンジェルで簡単ケア

オールインワンジェルを使うようになってから、思いのほか調子がいいので驚きました。

初めの頃は入浴後のスキンケアをたった1本だけで済ましてしまうことに心理的な抵抗はあったのですが、完全に思い込みだったと反省しています。

思い返してみると、ちゃんとケアをしなければいけないという完璧主義が邪魔をしていたのかもしれません。

しっかりとしたスキンケアはある程度の時間が取れたらやろうと思いながら、結局化粧水すらちゃんと塗らないこともあったので、今のように最低限でもやっておけば乾燥肌にはならなかったのかもしれません。

もしも私と同じように産後に肌の乾燥を感じている方がいたら、あれこれやらなくてもいいと思うので、てっとり早くケアできるオールインワンタイプのコスメを使ってみるといいと思います。


最初のページ乾燥肌を治すための方法は?保湿しているだけじゃ治らない

上へ